治療のタイミング

白いタブレット

まとめれば「年齢を重ねた時」というのがしみ治療に取りかかるタイミングとなりますが、まず具体的に、しみとは何がどのようになったときに生まれるものなのか、しっかり把握しておく必要があります。

Read more

メラニンを破壊

笑顔のドクター達

しみとは、メラニン色素の色がお肌に現れる現象。だったらその治療は、シンプルにメラニン色素を破壊すること、と言えます。美容クリニックでは、レーザーやフォトフェイシャルといった方法を利用して、色素破壊を行います。

Read more

ピーリングで治す

悩みを打ち明けるカップル

特殊な薬のチカラで肌をピールする(剥く)ことによって、しみ治療をすることも可能です。細胞が新陳代謝を活性化させ、しみに染まった細胞が自然に剥がれ落ちるというのが、ケミカルピーリングです。

Read more

一片の曇りもなし

安心して膣縮小の施術を受けるならこのサイトで優良なクリニックを見つけましょう。

カラフルなタブレット

「若い頃」を表現するとき、「光」とか「輝かしさ」が表現に使われるのは、決して言語的な慣例だからではありません。文字どおり、若い頃、人はキラキラと輝いているからです。
例えば若い頃、お肌は陽の光を照り返すようなみずみずしく、潤いあふれる輝きを保っています。そして、やがてその輝きは失われてしまいます。私たちは永遠に若くはないのです……。
どこまでも真っ白だったお肌は、やがて水気が失われてカサカサに、そしてシワシワになりはじめ、精彩が失われ、ポツリポツリとしみが出てきます。しみは、白いお肌の一部が淡く、やがて濃く黒、茶系の色になってしまうというので、決定的な老いの象徴とも見られます。同じ顔でも、しみのあるなしで印象はガラリと変わる、と言われているのです。
お肌が年老いていくのにしたがって増え始めるこのしみですが、しかしもちろん老いるままに、しみが出来るままにほうっておくことはありません。ちゃんと、治療の方法はあります。
自分で治療することもできるし、クリニックの専門的な治療方法によって濃いしみも100%消し去ることができます。
つまり、一度、どこまでもどこまでも沃野が続くように白くみずみずしいお肌を、私たちは、さまざまな方法によって、取り戻すことができるのです。
クリニックではどのようにして取り戻してくれるのでしょうか。そのことをテーマとして、ここでは基本的な治療方法などについて紹介していきましょう。